オメガの時計 一括査定、比較買取りいたします

 

【オメガとは】

オメガはルイ・ブランにより1848年、スイスのラ・ショード・フォンに小さな時計工房を創立したことに始まります。

いち早く分業制を取り入れ機械設備を導入したことでも有名です。

全ての作業をひとつの工場内で行うという画期的な生産ラインを造り上げたオメガはいち早くアメリカへの市場展開を

計り事業規模を拡大しました。

1889年にはスイス最大の規模の時計メーカーへと成長しています。

1900年初頭には「究極」を意味するギリシャ文字「Ω=オメガ」の名を社名に掲げました。

 

 

1965年、アメリカ航空宇宙局(NASA)は、宇宙空間での使用に耐えうる強度を持った腕時計の選定を急いでいました。

メーカーに打診したところ、帰ってきたのは、ロレックス、ロンジン、オメガでした。

厳しいテストを経て、合格したのがオメガのスピードマスターでした。

 

それ以来、今でも「オメガ・スピードマスター」アメリカ航空宇宙局唯一の公認クロノグラフとなっています。

 

1970年、アポロ13号打ち上げ時には、月に向かう途中で酸素タンクが爆発するという大事故に遭遇し、航法用コンピュータが使用不能になるというトラブルに見舞われました。

その時に活躍したのが、「オメガ・スピードマスター」でした。ロケット噴射時間のコントロールを時計で行い無事に

地球に戻ることができました。

当時の電子機器は性能が悪く、電子機器が壊れた場合に頼りになるのが腕時計になっていました。

 

 

オメガスピードマスターは多くの限定モデルがあり、ファンを虜にしています。

オリンピックモデルや限定モデルは値段が高く、発売後すぐに売り切れてしまうものも数多くあります。

 

 

コーアクシャルエスケープムーブメント

オメガといえばコーアクシャルムーブメントが有名です。機械式時計ムーブメントの摩擦をへらしています。

この画期的な技術により、潤滑油の働きへの依存性は低くなり、長期間に精度を維持できるようになりました。
機械式時計の技術でも、オメガは他社の追随を許さない独自の機能を持っています。